日航アルコール検査で「替え玉」--日航酒精测试竟出“枪手”

酒精 航空 枪手 机长
2019-01-11 15:21:40
                

日本航空の国際線の機長が、おととし乗務前のアルコール検査を部下に代わりに受けさせて、乗務していたことがわかりました。

前年,日本航空一国际航线的机长在值飞前酒精测试时竟指使其下属代为参加,且该机长之后进正常值飞了当值航班。


日本航空は先月、パイロットの飲酒をめぐる問題で国の事業改善命令を受けましたが、検査の不正は報告していませんでした。

针对飞行员酒驾问题,日本航空已于上个月接到了政府的业务改善命令,但仍未对该违规行为做出报告。


日本航空によりますと、検査の不正を行ったのは59歳の男性機長です。

日本航空称,违规的是一名59岁的男性机长。


おととし12月、成田発シカゴ行きの便に乗務する前、アルコール検査をいっしょに乗務する部下の機長に代わりに受けさせていました。

前年12月,在值飞成田飞往芝加哥的航班前,该机长指使与其一同值飞的下属代其参加了酒精测试。


当時は検査結果だけが記録され、パイロット以外の担当者による確認が行われていなかったため機長はそのまま乗務しましたが、その後の部下の機長の報告で不正が明らかになりました。

当时仅记录了检查结果,但由于除了飞行员之外,并没有其他负责人进行确认,因此该机长得以正常值飞。但其后在其下属的机长报告中发现了该机长的违规行为。


会社の調査に対し機長は「事前に予備の感知器で呼気を測ったところ社内基準の限度に近いアルコールが検出され、本番の検査で基準を超えてしまうのではないかと不安になり代行を依頼した」と話しているということです。

对于公司的调查,该机长声称“在事前准备的测试仪上进行测试时,发现体内酒精含量已接近公司规定上限,真正测试时肯定超标。因此便让下属代为参加了测试。”


日本航空は先月、パイロットによる飲酒の問題で国土交通省から事業改善命令を受けましたが、検査の不正は報告していませんでした。

上个月,日本航空接到了来自国土交通省的飞行员酒驾问题的业务改善命令,但仍旧未对该违规行为进行报告。


日本航空は「機長が申告した数値は乗務を禁止する基準値を超えておらず、アルコール感知事例として捉えていなかったため報告しなかった。検査を代わらせる行為は悪質であり、報告すべきだった」と話しています。

日本航空称“机长申报的数值并未达到禁飞限制基准,因此公司未能得知此事并进行报告。代参加检测一事影响恶劣,应当进行汇报。”

1
碧海云天--日中互译 文学历史 法律行业 冶金矿产 资料 影视剧本
推荐作品 换一批
查看全部
推荐译员 换一批
查看全部